パンティストッキングのような空の下うめざわしゅん作品集成

 「私は生きてるのがすごく楽しい。

(中略)

 でも・・・生まれてこないで済んだなら、それが一番良かったな。

 誰だってそうじゃない? みんな自分だけが自分なんだから」

 

パンティストッキングのような空の下

パンティストッキングのような空の下

 

 女の子はどこまでもかわいく、男はどこまでも醜悪に描く漫画家さん。

このかわいい女性たちを主人公にして日常学園マンガとか描けば売れそうなんだけど、そういうのは絶対に描かない作家性なんだろうなあというのも作品を読むとなんとなくわかる。

しかしそうやって考え過ぎる作風だと結局のところ、デビューして10年経っても単行本は数冊しか発行できないわけで、芸術性と多作化の両立は難しいんだなあ・・・。