朱黒の仁(3)

 「真田は弓矢の家だ。父母を忘れ己の身を忘れても、主君の御為に最期のお供をせねばならぬ。忠義名利を重んじる事。それが弓矢の家に生まれた者の生き死にだ」

「・・・・・・ですが・・・・・・父上ッ」

「離れて死のうと、いずれ冥途で巡り会う。暫しの別れを悲しむな大助。

 前を見よ。冥途であろうと私は必ずそこに居る。必ずだ」

 

朱黒の仁 3 (Nemuki+コミックス)

朱黒の仁 3 (Nemuki+コミックス)

 

 「天地明察」のコミカライズで知られた漫画家さんではあるが、オリジナル作品も素晴らしいクオリティで驚いた。

 今年の大河ドラマの影響で沢山の真田幸村マンガが出版され、自分も何作か読んだが、その中でも圧倒的な面白さを誇ったのがこのマンガだった。全三巻でコンパクトにまとまっているのもオススメ。

 

朱黒の仁  壱 (Nemuki+コミックス)

朱黒の仁 壱 (Nemuki+コミックス)

 
朱黒の仁  弐 (Nemuki+コミックス)

朱黒の仁 弐 (Nemuki+コミックス)

 

 

広告を非表示にする