読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎさにて 1

「こうやって自分が見つけられない瞬間、思いが届かない場にも世界が続いてる。そう思えば世界は美しい。

 自分の思いや存在に関係なく世界は、運命に抗うことも受け入れることも、時の流れとともに消して飲み込むしね。

 すべては常に変化するけど、でもほぼ何も変わらずに世界は続く・・・空しいだろ?

 でもパパは、その空しい揺るぎなさが美しくて好きなんだ。

 好きだと、誠実でいたくなる、だろ?」

 

なぎさにて 1 (ビッグコミックス)

なぎさにて 1 (ビッグコミックス)

 

 世界中に猛毒を持つ巨大な豆の木が生えている世界。

その巨大な豆の木の豆が破裂すると数十万人単位で人が死ぬ。

そして豆の木がいつ破裂するかは誰にもわからないーー。

 

世界がいつ終わるかわからないなかで生きていく家族の物語。

特に子供にとっては、そんな世界は理不尽以外の何物でもないんでしょうね。

 

 

広告を非表示にする