読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無彩限のファントム・ワールド

「確かに日本人は、虹の七色を言語によって記憶しています。けど、英語では虹を、レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープルという言語によって、六色にしか区切らない。また、アフリカのショナ語では四色の言語しかない。そして、ここが大事なところですが、英語やショナ語を記憶している人たちは普段は、虹を六色、四色としてしか認識しないんです」

(中略)

「もちろん、アメリカ人もアフリカ人も眼の機能は日本人と同じです。けど彼らは特定の言語を記憶しているために、認識を制限されているんです。でも、ほんとは日本人だって彼らと同じなんですよ。オレたちは虹を七色とする認識に縛られている、とも言えます。なぜなら虹の光とは、電磁波の可視波長範囲なわけだから、十色に区分することも可能だし、四色に分けても間違いではありません」

 

無彩限のファントム・ワールド (KAエスマ文庫)

無彩限のファントム・ワールド (KAエスマ文庫)

 

 京アニがアニメ化すると聞いたので読んでみた。

やはりというか京アニでアニメ化された「境界の彼方」と設定が良く似ている。

主人公の正体が実は〇〇じゃないというところも同じ。

ただ、女性陣の格好がミニスカートだらけなので、パンチラ描写がやたら沢山あるのだが、京アニがパンチラ描写をするのかどうかは気になるところ・・・。


境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇『約束の絆』PV - YouTube


境界の彼方 OP 『境界の彼方』FULL 最高音質 - YouTube


『劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-』 予告篇 - YouTube

  

kaitoster.hatenablog.jp