ごはんのおとも

 「・・・・・・私などは、主人を亡くしてもう随分たちますので、思い出しても嫌な事は都合良く忘れていたり、いつのまにか美化していたり。

 この世にいないものですから、もう、くらべて確かめることもできませんし。

 でも、そのぶん一番だったものは、ずっと一番のままなんですよ。

 好きに思い出して、良いように懐かしんで、もしそれで実物より良いふうに思い込んでいたとしても、がっかりするのは、あの世で、も一度会ってからで良いと思っていますのよ」

 

ごはんのおとも

ごはんのおとも

 
ごはんのおとも

ごはんのおとも

 

 フルカラーである。

フルカラーでご飯のレシピマンガ。

これは反則。

お腹減って仕方がないですね。

 

マンガの雰囲気的には羽海野チカ先生に似ているかな。

羽海野チカのマンガから徹底的に嫌な人を排除して良い人だけを抽出すると、この人のマンガになるかもしれない。

 

 

広告を非表示にする