読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT

「法師っ。繰り返しますが、ここにいるのは未熟な者ばかり。そのなさりようはあまりに無体ーーいえ。あまりに無礼でしょう。どうかお控え下さいますよう」

(中略)

「少なくとも、お主の下におるあの隻脚の小僧なら、お主のようなことは口にすまいと思うてな。儂らの世界において、『礼』とはすなわち『技』を指す」

「技?」

「左様。古くは人と神、のちには人と人との繋がりによって生じる力。それを良く用いるがための技、作法、式こそ、『礼』じゃ。むろん、お主の言う道徳だの礼儀作法だのも、元を正せばこれに当たるがの。生憎儂らの世界では、『礼』は、より原始の姿で用いられる。技の伴わぬ形だけの『礼』など、単なる懇願。いっそーー無礼じゃ」

(中略)

「儂はここで、『礼』を尽くす気はない」

 

 上記の会話は陰陽塾に攻め入った蘆屋道満が塾長に対して言った台詞。

蘆屋道満安倍晴明のライバルとして様々な創作物で語られるキャラクターだけど、

本作の蘆屋道満も転生キャラということもあって無敵感がありカッコいいですね。