読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたふた研修医やってます。 24時間お医者さん修行中コミックエッセイ

「そう・・・、最近『接遇』『接遇』って言うけど、そんなのは当たり前のことだからね」

接遇とは患者さんに丁寧に接すること。『接遇』がおろそかだと訴えられやすいと言います。

「医者は、正しい知識を持つことが、患者さんへの礼儀だ」 

 

 とある病院での二年間の研修医たちの日々を描いたマンガ。

最初は皮膚科とかの楽な科選ぼうと言っていた研修生たちが、

二年経って研修医生活が最後になると、自分のやりたい科を楽さではなく、やりがいで選んでいく姿には胸が熱くなる。

結局は、どんな科であろうと、自分にとって一番良い上司の下で働く経験が研修医たちの将来の選択に繋がっていくんだなあということがわかる。