読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜

「・・・・・・つまり犯罪は、人間の悪によって為されるとは限らないのだろうよ、久城」

「どういうこと? 悪でなければ、なんによって為されるんだろう」

「それはおそらく、弱さとでもいうものだろう、君。誰の心の中にもある。だがそれに負けてはならない」

(中略)

「悪ではなく、弱さこそが人を狂わせ、大切なものを永遠に失わせることもあるのだ」

「大切なもの?」

「愛するもの。誇り。そしてーーうつくしい思い出」

 

 「久城はなるほど、命を惜しまん。しかし、君、わたしはもう一つ、あの男のことで信じていることがある。それは、たとえ自分の命のためであっても、わたしを救うためであっても、あれが、罪のない人間を手にかけることはけしてないだろう、ということだ」

「・・・・・・・・・・・・」

「たとえ利益が異なる相手でも、そう・・・・・・スパイ同士であっても。ほかの少女を手にかけ、わたしを救うことはないだろう。おそらく、わたしとともに死ぬことを選ぶ」

「でも、それは・・・・・・!」

「そうだ。君、それは戦場においては、大人の男たちから〝弱さ〟と糾弾されるべきもの、後世の歴史家によって〝間違った選択〟として記録されてしまうものであろう。しかし、君。久城にはそういう、〝正しい弱さ〟とでもいったものがある。わたしはそれを、高潔と呼ぶのだ」

「でも・・・・・・」

「あれは弱く、高潔な男だ。灰色狼はそれをして、慕う」

「・・・・・・本人に言った?」

「い、言うものか!!」

 

灰色狼たる ヴィクトリカが語る久城への思いは、読んでいて胸が熱くなりますね。