子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき

「人が死ぬのはなんでだと思う?」

 なんと言うか、莫大な質問でした。

「ぇ・・・・・・それは、場合によるのではないでしょうか?」

「いえ。違うわね。

 殺されようと、事故だろうと、病気だろうと、寿命だろうとーー人の死ぬ理由はただの一つよ」

(中略)

「それは・・・・・・なんでしょう?」

 

「誰かに死を願われたから、よ。

 そうでなければならない」

 

 クリスマスの時期、とある雪の山荘に招かれた主人公たち。

その山荘では5年前殺人事件があって、ふとしたことから主人公はその事件の真相を探り始めるのだが・・・。

涼宮ハルヒの再来を期待された大賞作品も6作目の今作でとりあえずの終了とのこと。

ハルヒに比べるとストーリーが地味すぎたのと、

ヒロインが基本全員ツンデレで主人公に毒舌暴力ばっかりなのが読者にとっては魅力に映らなかったのかなという気がする。

 

kaitoster - 『玩具堂桟敷』 へのコメント

子ひつじは迷わない』番外編あったのか。

2014/11/07 16:06 にブックマーク

 作者による続編がこちらに掲載されているので読んでない人はオススメ。

 

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき - かいすた読書ログ

子ひつじは迷わない 回るひつじが2ひき - かいすた読書ログ

子ひつじは迷わない うつるひつじが4ひき - かいすた読書ログ