読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディメンションW (5)

「・・・・・・結局、私が一番理解していないのは、私自身なんですね。

 自分がなぜ生まれたのかすら解らない」

「それが普通さ。

 生まれた理由なんてもんは、道具にでもならないかぎり無いもんだよ。

 今のところアンタは道具じゃない。それだけのことさ」

  

 「美とは〝知〟と〝規律〟。

 〝知〟なくして〝美〟は理解できず、

 〝規律〟なくして〝知〟は生まれない。

 律してこそ世界は美しい。

 あなたはそれを良くご存じだ。

 だからこそ誰よりも美しい」

 

 ここに来て、主人公の過去が明らかになり既婚者だったことが明かされる。

過去のトラウマの地、イースター島で全ての因縁にけりをつけられるのか。

今、アニメ放送中の「テラフォーマーズ」なんかの過去エピソードと比べると、

この作者の達人芸っぷりが際立つな。