GJ部(グッジョぶ)2

「シイのやつ。友達すくないんだぜ」

「えっ?」

(中略)

「ああいいんだ。本当のことだから」

 紫音さんは軽く笑ってそう言った。

「こうして普通につきあってくれる人は、なかなかいなくてね。身構えられてしまうというか」

「ああ。わかりますそれ」

「ダウト」

 と紫音さんは言った。

(中略)

「キミにはーーそれはわからないはずだよ。なぜならキミは私に普通に接してくれているわけだから」

  

GJ部(グッジョぶ)2 (ガガガ文庫)

GJ部(グッジョぶ)2 (ガガガ文庫)

 

 「--一個の人間が部長であるとき、そこに性別などない」

「はい?」

「ーー部長は部長であり、それ以下でもそれ以上でもない」

「なんですか?」

(中略)

「--人は部長に生まれるのではない。部長になるのだ」

「わけわからないですよ」

「だろうな。部長でないおまえにはわからなくて当然なのだ」

 

GJ 部 Vol.2 [Blu-ray]

GJ 部 Vol.2 [Blu-ray]

 

 一巻と同様、日常話が淡々と続くのだが、夏合宿とかの面白エピソードもすごい適当に流されるのには驚いた。

涼宮ハルヒくらい濃密に合宿描写してくれたら面白そうなのだが。

これが4コマラノベのフォーマットの限界なのだろうか。

 

 

広告を非表示にする