読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GJ部(グッジョぶ)

「知ってますか。お姉ちゃんって。最近ひとのこと噛まなくなったんです」

 いえ噛みますけど。

「四ノ宮君だけですよねー。噛んでるの」

(中略)

「なぜぼくだけが噛まれるのでしょう?」

「それは四ノ宮君が怒らないからです」

「えーと・・・・・・」

「いいひとだからです」

「はぁ」

  

GJ部(グッジョぶ) (ガガガ文庫)

GJ部(グッジョぶ) (ガガガ文庫)

 

 「きららはひとつ。みっつない」

(中略)

 ようやくわかった。--ような気がした。

 京夜の言った「キララさん」という言葉。

 その「さん」のところを、数字の「3」だと思ったのではないだろうか?二年生で年上だから敬称をつけただけなんだけど・・・・・・。

「えっと、あの・・・・・・、キララ」

 京夜はおそるおそるそう言った。呼び捨てだった。

 だが正解だったらしい。

 彼女の顔に、にこ、と微笑みが浮かんだ。

 

GJ部 文庫 全9巻 完結セット (ガガガ文庫)

GJ部 文庫 全9巻 完結セット (ガガガ文庫)

 

 アニメが面白かったので、原作のラノベも読んでみたが、こちらも安定して面白い。

4ページのショートショートラノベってありそうでなかったのかな。

日常ラノベのフォーマットとしては良くできているな。

 


〔OP〕グッジョぶ/GJ部/GJ Club【もうそうこうかんにっき】 - YouTube

  

 

広告を非表示にする