ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い

「わたくしがあなたを殺す理由があるとすれば、それは憎しみというよりは、キャラがかぶっているからでしょう」

「・・・・・・・・・・・・」

 そんな理由で殺されてたまるか。

 とんでもねえ。

  

ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

 

 「王道で行こうぜ、王道で。そんなとこで奇ィ衒ってどうするんだよ。普通に終わらそう、普通でいいんだよ。何事も普通が一番だ。てめえみてえな不幸な奴と玖渚ちんみてえなかわいそうな奴とのおしまいなんだぜーー」

 

「--ハッピーエンド以外は認めねえっつーの」

 

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

 

 戯言シリーズこれにて完結。

長い物語を読みおわると、これでもうこの物語の先を読むことはないんだなあと感傷的になるね。