棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (2)

「彼は今はじめて、あの子の為に動き出したんだよ。

 今、あのロバは自分の事も忘れ、私達の事も忘れてしまった。

 自分を愛してくれる人を探す旅は、自分が心から愛せる人を見つける旅だったのかもね」

 

棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (2) (まんがタイムKRコミックス)

棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (2) (まんがタイムKRコミックス)

 

 「なんでまっくらがこわいの?」

「あかるさを知ってるからじゃないかな。」

「あかるいの?」

「光と違って、闇の中はね、なんにもみえないけどなんでもみえてしまうのさ」

「とくに子供はそういうものがよく見えるから、夜を怖がったりするんだがね。」

「ふうん。」

 

棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (3) (まんがタイムKRコミックス)

棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (3) (まんがタイムKRコミックス)

 

 少しづつ、主人公を蝕む魔女の呪いに関する描写が出てきたりして地味に怖いけど、基本ほのぼの旅するストーリーは変わらず。

ハッピーエンドな結末になってほしい作品であります。