デカスロン 13

僕は「青」が嫌いだ。

海の「青」・・・・・・・・・嫌いだ。

川の「青」・・・・・・・・・嫌いだ。

空の「青」・・・・・・・・・嫌いだ。

わかるか? マンキー。 

若草の「青」・・・・・・。

青春の「青」・・・・・・。

地球の「青」・・・・・・嫌いだ。

わかるか?

わかるのか、マンキー

僕が好きなのはただ一つ!

ドス黒くにぶく輝く漆黒だ。

本当の強さと愛はそこにある。

 

デカスロン 13 (小学館文庫 やB 23)

デカスロン 13 (小学館文庫 やB 23)

 

 10種競技の世界チャンピオン、オブライエンが自分の記録に肉薄してきた主人公、万吉に語った台詞。

へうげもの」でも黒好きの利休を取り上げたように、心に闇を持つ人物像を描くのが好きな漫画家なのかな。

ちなみに現在の10種競技世界チャンピオンは得意種目の走り幅跳びで、先のオリンピックでは専門種目の銀メダリスト相当の記録を出している。

つまりオリンピックで走り幅跳び専門で出場すれば銀メダル取れたってこと。

10種競技の世界チャンピオンにアジア人が対抗するには110mハードル金メダリストであり、アジア人で唯一のオリンピックの陸上短距離種目における金メダリストの中国人劉翔が、さらに他の9種目も国内でベスト10になるくらい極めないといけないくらい無茶な話なのである。

そんなわけで日本人が10種競技で世界で活躍するのは相当先の話になるんだろうな・・・。

  

 

広告を非表示にする