読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェルシー (1)

「猿カニ合戦はカニが仲間を連れて、猿をこらしめる話だけどーー猿がカニを食べるために格闘する話に・・・。

 あ・・・でも、無言になっちゃってお話が成立しないか」

「そういう問題じゃねえ」

  

チェルシー (1) (まんがタイムKRコミックス)

チェルシー (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 「でも・・・傍から見たら意味わかんなくて、何が面白いの?ってことかもしれないけど、私たちの中ではすごく面白いこととかってあるよねー」

「そうだなぁ」

「その『おもしろさ』を自分たちの中で終わらせないで、見てる人に伝える作業・・・。共感してもらえる作業。

 それがお笑いだと思うんだよね、私は!

 絶対楽しいよ!共感してもらえたら!

 しかもそれでお金がもらえるなんて・・・」

「あれえ!?」

 

チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス)

チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス)

 

  「舞台の空気ってなんか特殊で・・・。どんなことしてでも笑わせたい!って思っちゃうんですよね。

 笑ってもらえると気持ちよくて、もっと笑わそう、もっと笑わそうって・・・。そんな気持ちの連鎖が起こるんです」

 女子高生×お笑いマンガ。

落語を舞台にした「じょしらく」に似ているが、落語のシーンを全く描かない「じょしらく」と比べるとお笑いの舞台をきちんと描写している点は評価できる。

 

広告を非表示にする