読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわ科学 (1)

「もし地球が急に止まったらどうなるんだろ」

「宇宙に飛んでっちゃうのかなぁ~」

「音より速い速度で東へ吹っ飛ぶことになるな」

 

ふわふわ科学 (1) (まんがタイムKRコミックス)

ふわふわ科学 (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 

「塩を水で溶かすことで水の密度が上がる。するとより強い浮力が働くようになるんだ。密度が高い液体の金属である水銀には鉄すら浮いてしまうんだぞ」

「本当の金づちも浮いちゃう!」

 

ふわふわ科学 (2) (まんがタイムKRコミックス)

ふわふわ科学 (2) (まんがタイムKRコミックス)

 

 

「使い捨てカイロも、この錆びた鍋も起こっていることは同じなのよ。カイロが温かいのは鉄が激しく錆びて、その反応が熱になってるの」

「へぇー、でも錆びた鍋は熱くないよ?」

「反応がゆっくりで温度が上昇するほど熱くならないのですわ」

 

「激しい酸化が燃えること。ゆっくりした酸化はサビとして表れるわけだな」

 

「低温低圧で凍らせることが実は生活の役に立っているんだ」 

「低温低圧なんて日常にはないですよ?」

「たとえばカップ麺の具があるだろ。あれはフリーズドライという方法で乾燥させているんだ。凍らせつつ乾燥させる。具が傷まずにカラカラに出来るんだ」

 

小中学生向けの実験科学の 内容を萌え4コマで伝えるという、今一つ読者層のニーズが掴めてなさそうなマンガだった。二巻で終了らしい。

 

広告を非表示にする