パイナップルARMY (Operation 5)

十年前、俺には、どうしても言えなかった。

彼が何年かぶりに、感情を露にして 泣いた時・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・戦場でおびえたことを、恥じることは決してないと・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・恥ずべきは、人間の尊厳を根こそぎ奪い取る、戦争や社会体制なのだ・・・・・・ということを。

 

パイナップルARMY (Operation 5) (小学館文庫)

パイナップルARMY (Operation 5) (小学館文庫)

 

 長くなりがちな浦沢直樹作品においては、珍しく短い巻数で終わった傑作マンガだと思う。