少女不十分

 皆も誇ろう。

 孤立し、異端であることを。

 たとえそのために、酷い目に遭ったとしても。

 なるほど誰かに理解され、周囲に評価されながら生きることは夢のようだけれど、同時に誰にも理解されない、評価とは無縁の人生もまた、それなりに夢のようではないか。

少女不十分 (講談社ノベルス)

少女不十分 (講談社ノベルス)

 

広告を非表示にする