天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)

「・・・・・・ファンタズマを倒したって、一体それが何になる」

 それはこれまでずっと棚上げにしたままだったことである。しかし敦樹は、とうに気づいていた。

「仲間たちが死んだ本当の理由は、全く別のところにあるんだ。問題は何も解決していない。敵を倒して満足しているような戦い方じゃ意味がない。私たちは勝たなければ駄目なんだ」

 すぐにいつもの冷静な表情に戻り、敦樹は強く言う。

「力をつけよう、文彦。そして仲間を集めて、この状況に打ち勝つための方法をみんなで考えよう。今はまだ雲を摑むような話だが、その日のために一歩一歩、私は進んでいこうと思う」

「--うん」

 頭の下に腕を敷いて、文彦は笑いながら答えた。

「多分それで、いいんだと思うよ」