蒼穹のカルマ7

「--何か勘違いしてはいないか、リサ」

そして、駆真は小さく唇を動かした。

「・・・・・・なんですって?」

対して、リサが頬をぴくりと動かす。

「勝つ?負ける?殺す?殺される?--ふふ、違うだろう、リサ。私とおまえの間に、そんな言葉は必要ない」

駆真は、まるでリサを抱き留めようとするかのように両手をパッと広げた。

「さあ来い、リサ。--海よりも深く、私が、愛してやる」

蒼穹のカルマ7      (富士見ファンタジア文庫)

蒼穹のカルマ7     (富士見ファンタジア文庫)

 

広告を非表示にする