ハロー、ジーニアス〈3〉

「僕は決めたよ。大切なものをなくしてまで、『答え』を求めたりはしない」

「それは、『答え』を諦めるという意味かい?」

「違う。ジーニアスに生まれた以上、『答え』を求めるのは僕の存在意義だ。けれど、そこに至る道はひとつきりじゃない。『答え』も大切なものも、何ひとつ諦めたりはしない。そういう道を行くつもりだ」

「リューはわがままだね。そんな都合の良い道があるかな?」

八葉は大きい胸を張った。

「僕を誰だと思っている。海竜王寺八葉だぞ」

ハロー、ジーニアス〈3〉 (電撃文庫)

ハロー、ジーニアス〈3〉 (電撃文庫)