アウトニア王国拾遺録3 でたまか 終劇追幕篇

f:id:kaitoster:20130602115839j:plain

「戦死者の家族に宛てた手紙の中には、誰一人受け取るものがいないものが数多くある、ということは、私も知っている。だが、それは書かねばならないし、そして送り出さねばならんのだ。たとえ宛先に受け取るものが誰一人いなくとも、その手紙は一度この世に送り出されねばならんのだ。送り出され、世の人々に問われ、そして返ってきて初めて戦死者の記録として登録できるのだ。

 それが、死んでいった者たちに対する礼儀であり、必要な手続きなのだ。

 我々は彼らに負債を負っているのだ。より正しくより公平にこの世を動かし、より多くの人々を幸福にするという負債を・・・・・・それは我々、生きて帰ってきた人間がやらねばならぬ義務なのだよ」

f:id:kaitoster:20130602115908j:plain

アウトニア王国拾遺録3 でたまか 終劇追幕篇 (角川スニーカー文庫)

アウトニア王国拾遺録3 でたまか 終劇追幕篇 (角川スニーカー文庫)