読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンティストッキングのような空の下うめざわしゅん作品集成

「私は生きてるのがすごく楽しい。 (中略) でも・・・生まれてこないで済んだなら、それが一番良かったな。 誰だってそうじゃない? みんな自分だけが自分なんだから」 パンティストッキングのような空の下 作者: うめざわしゅん 出版社/メーカー: 太田出…

バンギャルちゃんの日常(3)

坂東亀三郎 「もともと歌舞伎役者は女性だったんですよ」 「えっ!」 坂東亀三郎「でも国中の男性ファンが熱狂しすぎて仕事しなくなっちゃったから幕府から禁止されちゃったんです」 「えええええ?!」 坂東亀三郎「で、仕方なく役者を若い男性に変えてみた…

レビウス 1

「いいかい、ザック。想いや根拠が複雑に入り組んで、形が上手く捉えきれなくなった力こそ、才能と呼ぶにふさわしいのさ。 自分を簡潔に説明できるヤツなんて所詮二流が良いとこでね。 本物はね、簡単には理解されない。 天才って言われる連中はね、だから得…

サクラダリセット WITCH.PICTURE and RED EYE GIRL(2)

「どうすれば強くなれるんですか?」 (中略) 「端的には、自分が強いのだと思い込むことだね」 「思い込む、ですか?」 「そう。根拠なんかなくてもいい。自分は強くて、なんだってできると信じる」 (中略) 「弱さというのは、とても心地がいいんだ。弱い…

ともだちをつくろう。(2)

「最近旅行に行くために貯金してるんだ」 「へえ、どこに行きたいんだ?」 「日本各地にある有名なパワースポットだ」 「意外なチョイスだな」 「ちゃんと俺なりの理由はあるんだ。大地の気がみなぎる荘厳で神聖な場所で・・・ソシャゲのガチャを引けばいい…

オリオリスープ(2)

「ハチ公、お前さんソバの旬を知ってるかい?」 「なんだよウンチクかよ。旬なんてあんの?」 「秋だそうだよ。お江戸の人たちはそのときを首を長くして待ったらしい。いつでも食えるのにアホみたいだろう? 旬だのイキだの、んなこたぁ生きてく上で何の役に…

黒白(中)

「動物は『なぜ生きるか』などと考えない。 そんな問いは無意味だからだ。 その無意味さに耐えられなくなった我々の始祖は、無を有に転じる手段を発明した。 それが『物語』だ。 ヒトは『神』をつくり、世界をその工作物だと区切った。 『生』を善とし『死』…

朱黒の仁(3)

「真田は弓矢の家だ。父母を忘れ己の身を忘れても、主君の御為に最期のお供をせねばならぬ。忠義名利を重んじる事。それが弓矢の家に生まれた者の生き死にだ」 「・・・・・・ですが・・・・・・父上ッ」 「離れて死のうと、いずれ冥途で巡り会う。暫しの別…

言解きの魔法使い(2)

「・・・・・・そうだねえ、・・・・・・判り易く言うと・・・・・・ここにある半分飲んでしまった紅茶を、再び満たすにはどうしたらいいと思う?」 「・・・・・・? 紅茶を淹れればいいんじゃないですか?」 「そのとーり! じゃあ紅茶がない場合は?」 「…

怪滅王と12人の星の巫女(2)

「生まれてからずっと拳を握りしめて生きてるとさ。 俺の全部が骨も精神もバラバラにされちまうことが何度もあってよ。 急いでその辺の部品かき集めて『弱音』とか『臆病』とか『見栄』とか『いじきたねー心』とかで、もう一回俺を作り直すんだけど、そのう…

アイドルマスター ミリオンライブ!(3)

「だってオマエ美希みたいになりたいって・・・」 「もちろん美希先輩はお手本ですけど、声も顔も違うのに先輩本人にはなれないですよぉ~わたしはわたしだもん。 だから頑張ってダンスとか真似して、それでいつかわたしもトップアイドルになりたいなって。 …

よしふみとからあげ(3)

「擬人化がウケてるんだろ?」 「は?」 「世界初、社畜の擬人化だ!」 「社畜はもはや人じゃないってか!! そんなゲーム、人道的に許されないだろ! 社畜だって人間だ!」 「そりゃ同僚たちは、みんな社畜も人だと思っているだろう。 だが、会社はどうかな…

QP外伝完全版

「いろいろやってみりゃーいいじゃねーか。 オレたちが知らねーだけで、生きてく方法なんていくらでもあるんじゃねーのか。 (中略) そりゃ高校で見つける奴もいりゃー、二十歳過ぎて見つける奴もいるだろーし・・・五十過ぎてやっとめぐりあえる人だってい…

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 3

「・・・去年は練習するほうが変みたいな顔してるやついっぱいいた。 なのに今年はAに行けへんくらいで泣いちゃうやつとかおってさ。 気持ち悪ない?」 「・・・それはたしかに」 「・・・空気」 「はい?」 「だからさ、空気。うちの部活ってまわりの空気に…

Real Clothes 6

「大体、何で『衣食住』っていうのか考えてください。 食と住は単細胞の生物から人間まで生物全てのテーマ。 しかし、この衣だけが人間だけのテーマです。 衣で悩むのは人だけ。 着ることこそ人間の証明なのでーーーーす♡」 Real Clothes 6 (集英社文庫 ま 6…

雪にツバサ・春(5)

「ムカシもミライも前を見ても後ろ向いても真っ暗でも、友達といる時はポツリとあったっけえ灯りみてえだ。 ・・ウチ、学校行ってないから上手く言葉にできんが、 ひとは、どんなに汚れて汚いやつでも、友達といる時は、生まれたまんまの自分に戻れるけんー…

信長の忍び 1

「女子の身で人を斬る事は怖く無いのですか?」 「こわくないです。でもいやです。 いやですけど・・・なんて言ったらいいのかなぁ・・・。 昔、信長様が言ってたんです。自分はこの乱世を終わらせるために戦うと。 だから私が動く事で信長様が勝ち、戦の無…

ハルはめぐりて

車窓を眺めていると目が離せなくなる。 流れていく、その一瞬一瞬が、二度と戻らないかけがえのないものに思えるのだ。 そのかけがえのない一瞬一瞬を、たとえ将来忘れたとしても、風景とつながったという、あたたかな感触は、わたしのなかに生きつづけ、わ…

銀座からまる百貨店お客様相談室(2)

「苦情処理という仕事はお客様の怒りに釣られてはいけない。しかしそれと同時に釣られてしまう人間でないと務まらない。 水科・・・・・・それはなぜかわかるか?」 「怒りに反応しない、そして反応できない人間では、相手の怒りの源泉を推測することができ…

繕い裁つ人(6)

「仕立てってのは決して安くはないだろう? 一生に一着って人も少なくない。私たちにとっては数ある中の一着でもね。 だからね、市江。私たちは願いながら縫うんだよ。 その人がうんと美しくなるように。 その人の人生が成功するように。 その人に最高の幸福…

野田ともうします。(6)

「押すと何がおこるかわからないボタン・・・。もしかしたら世界が滅ぶかもしれないボタン・・・」 「あああ・・・」 「・・・野田さん、震えているのね・・・」 「・・・このボタンがおそろしくて・・・」 「いいえ、野田さん。あなたがおそろしいのは、そ…

ひとり暮らしの小学生 江の島の夏

「これからは地球の環境を考えないといけないぞ! エコについて何か実践していることはあるか?」 「はい! エアコンを省エネのものにしています」 「それはいいことだな」 「毎年」 このマンガがすごい! comics ひとり暮らしの小学生 江の島の夏 (このマン…

西荻窪ランスルー 1

「オレはね、この世界を生き抜ける人はバカか天才のどっちかだと思ってるんだよ。 中途半端に頭がいい人は辞めていくんだよ。3年後、5年後の未来が不安になって。 バカみたいに絵が好きで後先考えず突っ走れる人か、10年後、20年後どうなっていたいかビジョ…

おんなのいえ(6)

「あり香さんに価値をつけてるのは、僕じゃなくてあり香さんだよね。 あり香さんのその価値ってやつは、あなたを深く傷つけた誰かの目線で止まったきりで、もうそんな価値からは自由になりたいはずなのに、とどまらせるものは何だろう? 僕は・・・僕なら全…

アオアシ(1)

「--あたしの世界一好きなサッカー選手は、「とにかく考えた」って言ってた。練習でも試合でもサッカーしてない時でもとにかく考えて、考えて考えて考えてーー考えて。 するとな、「いろんなことが、いずれ考えなくてもできるようになる。そうしたら、よう…

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(1)

「合理的で無駄のない、結果として大いに怠けられる素敵な考え方。それが科学の本質。 思い返してみるといい、人間はどうやって今日まで進歩してきた? --人は畑を作った。成果の不安定な狩りに毎日行くのが面倒だったからだ。 --人は井戸を作った。いち…

続・僕の姉ちゃん

「元カレたちのいいところをぎゅっとしぼって、ひとりの男にしたとするじゃん?」 「うん」 「それでもやっぱりもう興味ないわ」 「なら語るなよ」 続・僕の姉ちゃん 作者: 益田ミリ 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2015/11/19 メディア: 単行本 …

覇剣の皇姫アルティーナV

「自分の頭の中を破壊されるような苦痛ーーそれが、他人の考えを受け入れることであり、意見交換だ。ならば、会話の前提として〝相手のほうが優れている〟という畏敬が必要なんだよ。少なくとも〝相手には自分よりも優れた面がある〟くらいには考えて臨まな…

文句の付けようがないラブコメ

「大人の理屈なんざ知ったこっちゃねえ。足し算引き算がちゃんとできるのはご立派だけどよ、世の中にはそういう損得勘定が通じねえことだってあるんだ。理不尽なことにさらされたらちゃんと『嫌だ』と言うべきなんだ。でっかい声でハッキリとな。それがきち…

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (2) ―Time to Play― (下)

日本の歴史でも、 伝説的な誤植がある。 誤植によって、虫の名前が、おそらくは未来永劫変わってしまったのだ。 それも、かなり有名な虫だ。ゴキブリがそうだ。 もともとは〝ゴキカブリ〟と呼ばれていたそうだ。だけど、明治十七年に出た日本初の生物学用語…

青雲を駆ける 2

鶏には不思議な習性がある。産卵期に入った鶏は、ほぼ一日に一個のペースで卵を産む。 そしてそれは大体五個ぐらい溜まるまで続けられる。それぐらいまでは数える頭があるのだろう。 そこで飼い主が卵をそっと一つ盗む。鶏は盗まれたとは気付かずに、まだ四…

隠密包丁~本日も憂いなし~(4)

現在、東京には約三千二百軒の蕎麦屋があるという。一方、江戸は最盛期で約四千軒。(中略)人口を比較してみると、現在の東京に千三百万人以上が暮らしているのに対し、江戸はわずか百五十万から二百万人だった。江戸でいかに蕎麦が人気の食べ物であったか…

黒猫の駅長さん 2

「私は母さんのことで後悔していることがある。震災直前、母さんが出かける時に、行ってこいと声をかけられなかったことと、行ってきますを聞けなかったことだ」 黒猫の駅長さん 2 (バンブーコミックス) 作者: 山口悠 出版社/メーカー: 竹書房 発売日: 2016/…

イエスタデイをうたって 11

「そばに居るだけでいいんだよ。 遠くで何を言っても、きっと聞こえない。 そばに居れば、なにも言わなくてもいいんだよ。 だってそうじゃん、そばに居てもいいなんてさ・・・。 それだけですごいコトなんだよ」 イエスタデイをうたって 11 (ヤングジャンプ…

幽遊菓庵 ~春寿堂の怪奇帳~(3)

「奇妙とはまた失礼な。私は正一位の位にある神だぞ」 「その神が、なんでただの人間に過ぎない兄さんに、肩入れをするんです」 「肩入れなんぞしておらん」 「そうだぞ凪沙。師匠は僕に肩入れなんてしていない」 「そうだ。この弟にもっと言ってやれ」 「師…

愚者のジャンクション-side friendship-

「でも、あなたは凡人とは違う特別な人間です。俺たちとは、何もかもが違う」 「そんなものは無いよ。キミと佐藤ちゃんのそれも、役割や才能なんかじゃない。ただのねじ曲がった病気だ。凡人であることを分かっている凡人という、質の悪い自意識過剰、遅れて…

【コミック版】荒野に獣 慟哭す 4

「森・・・」 「はい?」 「男は女を守らなくてもいいんだぞ」 「は?」 「女って生き物はな、甘やかしゃどこまでも甘ったれるが、逆境なら逆境でどこまでも強くなれるんだよ。 ガキだってそこは変わらんぞ。ああいう幅は男にはねえなあ。まあ当たり前だ、オ…

BLUE GIANT 1

「世界一が何かは分からないけど、一個だけ分かることがあんだ。っつーか、それがオレがジャズを好きな理由なんだけど・・・・・・」 「ナニよ? その理由って?」 「ジャズは感情の音楽なんだ。すげえプレーヤーの音やメロディには感情がもろに乗っかってる…

こころを病んで精神科病院に入院していました。

「ここに入る人はみーんな最初は泣くんですよ。 男性も女性も区別なく、若い人もご年配も、全員が泣くんです」 こころを病んで精神科病院に入院していました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) 作者: 安藤たかゆき 出版社/メーカー: KADOKAWA/メデ…

実録!介護のオシゴト 4 オドロキ介護の最前線!!

「山崎さん、ゴハン炊いときますね」 「ちょっとお待ち!! アンタ使い方知ってるんでしょうねぇ? まず朝、炊飯器で湯をわかし」 「お湯!?」 「半分はポットに入れて生活用に。残った半分のお湯でラーメンを作る!! ラーメンの汁は飲まずにとっておいて…

シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに

「人は弱さゆえに過ちを繰り返す。その罪から逃れられる者はいない。私も、貴様も、誰しもだ。だが、それで最後の灯火が汚れるわけではない」 「最後の、灯火・・・・・・?」 「貴様はカティアを本心から救いたいと思った。そして行動を起こした。誰かに強…

男しか行けない場所に女が行ってきました

〝健康な〟男たちはいつでも、自分を軸にものごとを考える。ヤリマンの話をすれば「俺もやりたい」と口に出したり、「ヤリマン=当然俺ともセックスする女」と思って行動するし、男の同性愛者の話をすれば「俺、狙われる。怖い」と露骨に怯えたりする。そこ…

東方儚月抄 〜Cage in Lunatic Runagate.

『恥を感じる様な質問というのは、知っていて当然な事を知らない時だけです。そのような質問は大いにしなさい。知ったかぶりは大きな損をします』 『・・・・・・』 『しかし、自分がただ知りたい事を訊くという事は恥ではありません。恥を感じない質問は、…

神山健治の映画は撮ったことがない~映画を撮る方法・試論

「ーーすると『泣かせる構造』はこういうことになりますか。一人の病人がいる。彼女は、病気が治ったらあれもしたい、これもしたいと夢を語る。でも、それを聞いている彼女の婚約者と観客は、彼女の命がもう長くはないことを知っているーーと。 神山「--そ…

乱と灰色の世界 7巻

「一瞬で大人になる魔法なんてないよ。 毎日毎日大切に生きること。 それが大人になる魔法だよ」 乱と灰色の世界 7巻 (ビームコミックス) 作者: 入江亜季 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン 発売日: 2015/06/15 メディア: コミック この商品を含む…

キューマイ! 球場迷子

「カープファンにとって黒田って特別なんですね。カープファンは黒田選手にどうしても帰って来てほしいと願ってたんですね」 「カープファンは黒田が選んだならメジャーでも納得しましたよ、きっと」 「え」 「『黒田が選んだ』これが一番大切なんです。 帰…

じみへん (6)

「いいかい、人間ってのはつらいことがあると、誰かのせいにしないと生きていけない弱いものなのよ。 庶民がながい年月にわたってつちかってきた知恵なんだよ。 そうやって精神の安定をはかってきたのよ。 だから大事なことは自分で決めちゃダメ。ほんとだよ…

賭ケグルイ(1)

「ギャンブルの本質は狂気でしょう? 資本主義の世の中では、金は命も同然。命を運否天賦に委ねるなど正気の沙汰ではありません。 にも関わらずカジノに人が集まるのは、命を賭ける狂気に人は快感を覚えるからです。 であれば、ギャンブルは狂っているほど面…

ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部- 1

「・・・人は元々、空を飛ぶ生き物じゃないから、上空に行くと脳みそが地上にいるときの3分の1しか働かないって、空知先輩教えてくれましたよね? だからみんな上手く飛べるようになるために必死で勉強するんだって。 だったら私も地上で300%がんばって、空…

悪魔のリドル (3)

「・・・・・・鳰に聞いたよ。 自分の為に誰かが死ぬってのはどんな気分なんだ? 誰かを犠牲にして生き延びて、それでも笑って生きていけるモンなのかね?」 「寒河江っ・・・」 「笑うよ、晴は。春紀さん。晴は笑って生きるんですよ」 悪魔のリドル (3) (カ…